左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
61cmの幅
立て続けに野球のエントリーを。
本当は最近の大雨によるダムの放流を見に行きたいんですが、何しろ休み状態で忙しいもんで…

えーと、また高校野球を見て気になることです。


[61cmの幅]の続きを読む
スポンサーサイト
オーバースロー減少中
さて、すっかりダム専門になっている当ブログですが、一応基本路線は野球ということを今思い出しました。いやー、ダムの方が忙しくて…

えーと、今回はここ数年千葉の高校野球を見ていて感じることがありまして、それについてちょろっと書いてみました。
ダム目的の方はスルーして下さい(たぶんいないと思いますが)。


DAM is wonderful!!~奈川渡ダム その2~
さて、長野ダム遠征を締め括るのは梓川3ダムの長男、奈川渡ダムです。
実は1年前にこのダムを訪れています。俺のダム巡りの出発点なんですね。当然思い入れも強く、人から「好きなダムは?」と聞かれた場合は「奈川渡ダム」と答えているほどです。というかそんな質問されたことないですけど。

今回は東京電力の梓川テプコ館で実施している「ダム・発電所見学」に参加してきました。
当日申し込みで参加費無料。何とアーチ式の堤体直下まで行くことができ、地下にある揚水発電所の見学が出来るのです。こんなお得な見学会、参加しない手はありません。


DAM is wonderful!!~水殿ダム~
梓川3ダムの2番目は水殿(みどの)ダム。上流にある奈川渡ダムとそっくりな堤体です。
こちらはダムサイト横に広場が設けられており、じっくりと見ることができます。


DAM is wonderful!!~稲核ダム~
さて、長野遠征2日目です。
8時間の睡眠を取ったにもかかわらず、前日の疲れ(特に脚)が全く抜けていない状態で梓川の3ダムを攻めてきました。
梓川3ダム(安曇3ダム)はすべてアーチ式ダムという、アーチ式ダムが連続するまさに「アーチ式銀座」。最上流の奈川渡ダムだけが注目されがちですが、下流の2ダムも魅力的。

まずは梓川最下流に位置する稲核(いねこき)ダム。上流の2ダムと違って、このダムだけ天端が開放されていません。うーん、残念。


DAM is wonderful!!~黒部ダム(富山)~
DAM is wonderful!!~Road to 黒部~
さて、長野遠征初日のラストはご存知黒部ダム。というか富山ですけど。
まぁ説明の必要はないでしょう。恐らく「ダムといえば?」という問いに対して最も多い回答が予想できるダム。

実は日本一の堤高186mなどといったダムのスペック的にはさほど興味がありません。いや、興味がないわけではないんですが、ダム好きを自称するなら黒部には行っておかないとマズイだろ、という感じのほうが強いです。
もはやダムだけにはとどまらず、ひとつの観光地(黒部立山アルペンルートの一部)として認知されている黒部ダム。行く前からその意識はありました。

とはいえ、やはり名実共に日本一のダムですから、楽しみは楽しみです。
ダムにたどり着くまでにも様々な見所があるので、とりあえずダム本編と分けて掲載します。


DAM is wonderful!!~高瀬ダム~
高瀬川の最上流に位置する高瀬ダム。実はこの2日間で一番のお目当てはこの高瀬ダムです。

堤高176mの日本一高いロックフィルダム。
ダム自体は中部山岳国立公園内にあるため、自家用車では行けません。七倉ダムから指定タクシーか、高瀬川テプコ館の見学バスか、1時間程かけて徒歩かのいずれかしかありません。
ちなみに行きは指定タクシー(片道2,100円)、帰りは徒歩をチョイスしました。


DAM is wonderful!!~七倉ダム~
さて、大町ダムに続いてやって来たのは七倉ダム。堤高125mのロックフィルダムです。
実は以前、真夜中に神奈川の三保ダムに行ったことはあるのですが、暗くて写真は撮れないし真夜中なので雰囲気は分かりにくいし…ということで、実質初めてのロックフィルダムです。


DAM is wonderful!!~大町ダム~
えーと、夏休みを利用して17,18日の2日間で長野にダム遠征してきました。初日は高瀬川の3ダムと富山の黒部ダムを巡り、松本で一泊して2日目は梓川の3ダムを攻めるという、まさに萩原雅紀氏曰く「セントアンドリュースとオーガスタをたて続けにまわるような」充実した2日間を過ごしてきました。


DAM is wonderful!!~草木ダム~
川俣ダムを後にして、「さぁ、どのルートで帰るかな」と地図を眺めていたところ…
山王林道から日光へ抜けて、国道122号を南下すれば草木ダムに行けることに気付き、急遽草木ダムへ進路を取りました。東北道への距離は長くなりますが、予定よりも早く川俣ダムに着いたこともあり、迷わず草木ダムへ。


DAM is wonderful!!~川俣ダム~
以前から行きたかったダムのひとつ、川俣ダム。堤高は川治ダムの方が高いのですが、川俣にはいろいろ見所があります。
有名なところで言えば、堤頂長131mに対して堤高117mという「超縦長ダム」。アーチ式の中では日本一縦長というスマートなプロポーションの持ち主なのです。
景色も抜群。秘境的な雰囲気が魅力です。


DAM is wonderful!!~黒部ダム(栃木)~
皆さん、黒部ダムと言えば富山にある日本一のダムを思い浮かべますよね。でも黒部ダムって2つあるって知っていましたか?栃木には富山の黒部よりも歴史が長い黒部ダムがあります。というか元祖。
大正元年の竣工、日本発の発電専用のコンクリートダム。規模はまるで違いますが、重みは負けていません。


DAM is wonderful!!~川治ダム~
次に訪れたのは、五十里ダムと山を挟んで隣にある川治ダム。アーチ式の中では黒部(186m)・温井(156m)・奈川渡(155m)に次ぐ4番目の堤高である140mを誇ります。
これまでアーチ式は奈川渡、矢木沢、二瀬(重力式アーチ)しか見たことがなかったので、今回の川治・川俣ダムはかなり楽しみにしていました。


DAM is wonderful!!~五十里ダム~
さて、予てから予定をしていた栃木のダム巡りをしてきました。
ここ最近は埼玉や神奈川がメインだったので、初のダム巡りとなった矢木沢ダム以来の北関東です。あ、矢木沢に行ったのが去年の8月ですから、ダムダムし始めて1年が経ちました。パチパチ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。