左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
攻撃再開
Xメール



何だかんだで自分の中で盛り上がってきまして…
で、当選しちゃいました。
何が何でも定時で上がるぜ!
スポンサーサイト
野球王国の春
センバツ出場校(スポニチ)


ということで、めでたく千葉からは2年連続で2校が出場となりました。すげぇ。千葉すげぇ。

千葉経大附と安房しか試合を見ていないので選考については何とも言いようがないのですが…
ただ、以前予想した通りの「関東6・東京1」となったこと、そして21世紀枠の安房を含めて計8校となったことには正直驚いています。高野連がこんなに偏った選出をするとは…大曲工の辞退で雲行きが変わったと見るのが一般的でしょうか。


千葉経大附はある程度の結果が期待できるでしょう。エース・斎藤、2番手・吉野の投手陣が安定した投球を見せれば、組合せの内容も含めて上位進出の可能性は大。昨年の不完全燃焼の分まで暴れて欲しいものです。谷、内藤辺りの打撃は注目。

一方、21世紀枠での選出となった初出場・安房。
ついに第7ブロックから初の甲子園出場です。これは歴史的なことですね。木更津から一気に房総半島、しかも最南端に近い高校が全国に進出したということで、真の「野球王国・千葉」が完成したと言えるでしょう。
第1・2ブロックの都市部、千葉の歴史である第6ブロックの東総地区、最強時代を築いた第8ブロック。ここに第7ブロックが加わろうとしています。
もちろん、第7ブロックを代表してようやく安房が食い込んだに過ぎません。ただ、これが起爆剤となり、千葉県全域でのレベルアップが計られれば、この安房の初出場はとてつもなく大きな意味を持つことになるでしょう。

昨秋の試合を見た限りでは、打撃も守備も全国レベルにはまだ遠い状態でした。しかしそこは冬も温かい房総半島、この冬にその差をどこまで埋めて来れるか。俺自身、安房の初出場に喜んでいますが、この冬の成果に大いに注目したいですね。
恐らくエース・佐野一本で行くでしょうから、守備陣(特に内野)が特に重要。打つ方は岩澤、鹿嶋、佐藤等タレントはある程度揃っているので、とにかく守備です。佐野はスライダー中心になるのが怖いので、思いっ切り内角に食い込ませるのを忘れないでほしいですね。


対外試合解禁は3月8日(毎年3月の第2土曜)。センバツ開幕は3月22日。
冬の成果も然ることながら、この2週間をどう過ごすか。生きた相手と実戦を交える回数が足りない中で、この2週間での仕上がりもかなり重要となってくるでしょう。


2ヵ月後、話題だけではない「千葉の力」が見れることを願っています。
4人で再始動…?
X JAPAN10年ぶり東京ドームライブ(ニッカン)


だ、そうです。
うーむ…期待半分、「あ、そうですか…」半分。
「Stab Me In The Back」演ったら満点ですね。というか叩けたら満点ですね。

ちなみに新曲の「I.V.」を聴きましたが…サビがなかったら見切るところでした。とうとうヘヴィロック(あまり好きな言葉じゃないんですが)ですか…と思っていたところだったんで、マジでサビのメロディがあってよかったですよ。
しかしこのドラムパターンは音楽性の転換なのかYOSHIKIの限界を示すものなのか…
あとPATAにとっては面白くない曲だろうなー。


新曲はこちらで聴けます(ショートver.)→MySpaceのYOSHIKIのページ
DAM is wonderful!!~番外編その3~
ダムカレンダー



突然ですが、皆さんコレが何だか分かりますか?
そうです、泣く子も黙るあの「ダムカレンダー2008」(非売品)です。

実は財団法人日本ダム協会でダムカレンダーを10名様にプレゼントという企画がホームページで発表されていまして、発表されたその日に応募しましたよ、ええ。「あなたが一番心に残っているダム」という質問に答えれば誰でも応募できるんですけど。

で、今日仕事から帰ってきたら、家に筒状のモノが届いてたんですよ。もう一瞬で中身を察知しましたね。思わず手を叩いて喜んでしまいました。何せ応募総数50万通(嘘)の中からこのダムカレンダーをゲットしたわけですからね。これはマジで嬉しい。


…応募総数が10通以下だったんじゃないかって?
そ、そんなことあるわけないじゃないですか。

まぁ、ダム技術センターのフォトコンテストに応募すれば全員貰えるんですが。でも激戦の抽選を勝ち抜いてのゲットには価値ありですよ。たぶん。


いずれにせよ、意外な形での「初ダム」になったわけです。ご満悦。
神宮大会決勝の最終打席で見た名勝負
どうも、明けたようでして。おめでとうです。
さて、新年早々嬉しいニュースが飛び込んできています。

ダル宿敵早大・松本をハムがドラフト指名検討(ニッカン)
ロッテ“ダルキラー”松本指名に全力(スポニチ)

えー、早大・松本啓二朗のニュースです。まぁ、確実にドラフトに引っ掛かる選手なんでしょうが、実際にこういった記事が出るのは初めてではないでしょうか。

2つの記事を見ても分かるとおり、やはり甲子園でダルビッシュと投げ合ったのが一番のインパクトなんでしょうか。延長10回の末の雨中大決戦でしたし、「あの」ダルビッシュに投げ勝ったのは、もはや語り草なんでしょう。

ご存知のとおり早大に進学してからは野手に転向したわけですが、今や六大学を代表するアベレージヒッターです。彼の打撃を生で一回、テレビで何度も見ていますが、分かりやすく言えばロッテの福浦みたいなタイプですかね。広角に打てる打撃、特に逆方向の左中間に放つライナーが魅力的ですね。悪い時はリアルでセカンドゴロ量産マシン。構えはかなりカッコいい。

守備はあまり見る機会がないのですが、元投手とあって肩はかなり強いですね。送球は低く、正確。捕球の方は…並だと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。