左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実は難しい「軟式の守備」
高校での硬式野球部引退から早10数年。それからはひたすら軟式の草野球をやってきました。一方で、小・中学校時代も軟式育ちなので、硬式でプレーした期間は高校の3年間のみです。

中学3年の夏の大会が終わり、野球部の先生から「野球の本当の面白さは硬式にある。せひ高校でも野球を続けて欲しい」と言われたことがありました。
その時は何のことか分かりませんでしたが、実際に硬式でプレーしてみると、なるほど、確かにそうだなと。とにかく自分で打った打球が「こんなに速く、遠くへ飛ぶのか」という快感。準硬式球が打てるバッティングセンターに行く機会があれば是非体感してもらいたいのですが、硬式球(まぁ準硬式球でも)をバットの芯で捕らえた時の感触というのは、メチャクチャ気持ちいいんです。正直、軟式球のそれとは比べ物になりません。
同時に、打球が速いということは守備も辛いということ。とにかく体中にアザが絶えることはありませんでした。1年の時にサード、2年の時にキャッチャーをやっていたので、「身体で止める」ポジションからすれば軟式が天国に思えましたね。

文字通り「野球の楽しさと辛さ」を体験できた硬式での3年間。
実はもうひとつ感じていたことがあるのです。


[実は難しい「軟式の守備」]の続きを読む
スポンサーサイト
インフィールドフライと故意の落球
えーと、久しぶりにちょっとだけ真面目なエントリーでも書こうかと…

以前も書きましたが、野球というスポーツは非常にルールが複雑です。ルールブックの厚さを見てもお分かりの通り、多くの項によって事細かにルールが記されています。
恐らく現存する球技の中で一番複雑なんじゃないでしょうか。
こんな複雑なスポーツが日本の準国技とも言えるほど浸透していることは、改めて凄いことだと思います。


どうやら開設2周年のようです…
うーむ、こんな下らんブログを2年間も続けていたようです。
半ばムリヤリ開設した(させられた)2年前が懐かしい…

今までの流れをざっくりと振り返ると、

ロッテ

野球論

アンチプロ野球と同時に、高校野球と野球論

高校野球を中心にアマの一部と野球論(長期政権)

ダム

高校野球とダム(新政権)


こんな感じでしょうか。
途中から入ってきたダムが凄いですね。たぶん興味を示している人は誰一人としていないんじゃないでしょうか…
たぶんしばらくダム巡りは続けます。冬は厳しいですが。


まぁいいや。お付き合い頂ける方はさらりとご覧になって下さい。
なっ!何をするだァーーーーッ ゆるさんッ!
八千代松陰出身から2人指名!
大学生・社会人ドラフト指名


高校生ドラフトのエントリーを書いたんで、一応大社も…

八千代松陰出身から2人ですよ。東洋大・大場、元3Aサクラメント・多田野。千葉勢でいえば、中大・村田(市立船橋出身)。あと千葉県大学野球連盟からは東京情報大・伊志嶺が指名されましたね。

そーいや、国際武道大の伊波って志望届出さなかったのね…何でだろ?


要は何が言いたいかというと、

俺は高校時代、練習試合で多田野からサードゴロを打ったことがあるということです。

ヒットじゃなくてサードゴロってところが俺らしくていいよね。よく分からんけど。
成るか、「松戸発甲子園行」
持丸前常総学院監督が専大松戸監督に(スポニチ)
常総学院持丸前監督が専大松戸の監督就任(ニッカン)
【高校】専大松戸高監督に常総学院高前監督・持丸氏が就任(サンスポ)
今夏まで常総学院監督の持丸氏が専大松戸監督就任(報知)


またまた遅めのニュースですが、常総学院を今夏退任した持丸修一氏が専大松戸の監督に就任することが発表されています。
いやぁ、各誌が一斉に「専大松戸」の名を報じることに物凄い違和感がありますが…

当の常総学院は木内幸男氏が復帰して丸く収まったようですが、これは俄然専大松戸が楽しみになってきました。

専大松戸といえば、やはりラグビーが有名になるんでしょうか。野球に関して言えば、千葉県特有の「突き抜けられない強豪校」という位置付けですかね、俺的には。特に夏に関しては、序盤で有力校とぶつかってしまうことが多く、3~4回戦の早い段階で姿を消すイメージがあります。同時に「ノーシード爆弾」的な存在にもよくなるなぁ、と。

近年だと98、99年の春季連続準優勝の時が一番勢いがあったんでしょうかね。
余談ですが、今所属している草野球チームで、その時の専大松戸のエースと対戦したことがあります。今でも普通に130km/hくらいのストレートを放ります。打てるはずがありません。
ちなみに、その対戦したチームは江戸川区の連盟1部で優勝しているチーム。要は江戸川区最強。そこでエースを張っています。

話が逸れました。
今、千葉県で緑のイメージカラーというとまず若松が挙がるわけですが、ちょっと前までは圧倒的に専松だったわけです。それが近年の若松の台頭によって「緑の強豪」というブランド?を失っていたわけですが、この持丸氏就任によってどう変わってくるのか。

そもそも専大松戸が属する第3ブロックは東海大浦安を筆頭に、千葉商大付、市立松戸、学館浦安、成長著しい市川南や松戸六実と、なかなかの激戦区。名実共に東海大浦安が抜けていますが、ここに専松がどう食い込んでくるか、非常に楽しみです。


最後に、まだ確たるソースがないので控えますが、どうやらあの蒲原弘幸氏が第5ブロックの某公立校の監督に就任するという情報をキャッチしました。
こちらも目が離せませんね。
男前情報
【プロへ羽ばたく球児たち】千葉経大付 丸佳浩さん(アサヒ・コム)
3巡目・丸佳浩「目標は前田さん」野手専念を決意(スポニチ)
広島3巡目・丸は「目で殺す」/ドラフト(ニッカン)
広島3巡目・丸、新球場で09年オールスター出る(スポニチ)
丸の夢は理容師の両親に「店を建てたい」(ニッカン)
丸佳浩(Wikipedia)


昨日から酷い風邪で寝込んでますが…

アサヒ・コムで丸の記事を発見。ついでに今までの記事を軽く洗い出しました。それだけです。

にしても、丸佳浩「さん」に物凄い違和感(笑)
あと、やっぱりカツオだよね、そうだよね。「目で殺す」どころか、「男前顔で殺す」くらいになってほしいね。

20071117115116.jpg

新球場で「4打数1カツオ」を期待したい!


ちなみに唐川侑己「さん」もあります。
【センバツ】関東・東京の枠は7校に
明治神宮大会結果(日本学生野球協会)


横浜強いですね。
来春のセンバツは第80回の記念大会ということで、出場校は4校増えて36校となります。面倒なことに、21世紀枠が1枠増え、神宮枠も「決勝進出した地区」という2枠に。

で、上記の通り横浜が決勝に進出し、関東・東京は一般枠と神宮枠の7校ということになりました。

まぁ、毎度毎度ではありますが、出場校は高野連の重鎮さんが決めることではありますが、やはり関東・東京の出場校の振り分けは気になるところ。

CHOSHO is CHOSHO

幾千年の昔より 海と陸との戦いの
激しきさまを続けつつ 犬吠岬は見よ立てり


ちょっと遅めのニュースですが、銚子商の校名存続が決定しました(千葉県報 号外第67号)
20071112215050.jpg


特に銚子商ファンというわけではありませんが、やはり嬉しいですね。銚子水産関係・OBの方々は面白くないかもしれませんが、正直「CHOSHO」ブランドは大きいです。

あとは冒頭の校歌がどうなるのか。
千葉県の高校野球ファンで、この校歌を知らない人がいるのでしょうか?というくらい、超有名且つ超短い、豪快な校歌。俺が母校以外で歌える校歌は、習志野と銚子商だけです。この2校の校歌は全国的にも有名なんじゃないでしょうか。


そーいや、以前銚子に行った時の写真が未アップだった…せっかくなので↓

DAM is wonderful!!~番外編その2~
ホワイトアウト<初回限定2枚組> ホワイトアウト<初回限定2枚組>
織田裕二、松嶋菜々子 他 (2001/03/23)
JVCエンタテインメント
この商品の詳細を見る


今更ながら、わざわざamazonで購入して見ました。
確か1回テレビで見たことはあったんですが(まだダムに興味がなかった頃)、やはりダム好きの視点からもう1度見たいなーと思いまして。

まぁ、何でしょうか。映画としては特筆するほど面白くないですね。
確かにスケールは大きいし、撮影状況・場所を考えれば凄い映画だとは思いますけど。

というか、設定がメチャクチャですよ。
ストーリーの舞台は日本一の貯水量を誇る奥遠和ダム。このダムのモデルは現実に日本一の貯水量を誇る奥只見ダムなんですが、映画では黒部ダムが舞台となっています。
そりゃ、重力式よりアーチ式の方がスクリーン映えしますからね。ちょっと重力式がかわいそうに感じますよ。

かと思えば、ダムの映像が俺も訪れた同じアーチ式の矢木沢ダムに切り替わってたりと、映画の中では1つのダムなのに、実際の撮影場所が複数なので、物凄く違和感がありますね。

グッときたのは織田裕二の目前にヘリコプターが現れるシーン。ロックフィルの雄・奈良俣ダムの堤体からヘリが出現するとは、なかなかダム好きのツボを押さえています。

まぁ、キャットウォークからの視界や閉ざされた冬のダム等、ダム好きにとっては結構面白い映画じゃないでしょうか。
何せ俺の見終わった感想が「黒部ダムのキャットウォークを歩いた織田裕二が羨ましい」ですからね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。