左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの名将が母校へ「復活」…!
センバツ真っ最中の高校野球界ですが、非常に気になるニュースが飛び込んできました。いや、気になるのは俺だけかもしれませんが…


[あの名将が母校へ「復活」…!]の続きを読む
スポンサーサイト
銚子に新しい野球文化が誕生!
みなさん、千葉科学大学をご存知でしょうか。

2004年に千葉・銚子に開学した出来立てホヤホヤの大学です。詳しい内容は俺も知りません。
ただ、ひとつだけ注目したいことがあります。そう、硬式野球部が来年度から千葉県大学野球リーグに加盟(3部)するのです。


市民協力で強い野球部に 千葉科学大の後援会発足 銚子(千葉日報)


これは非常に大きいことです。銚子の地に大学野球が誕生したのです。
銚子といえば銚子商、銚子西、市立銚子と市内から3校も甲子園出場校を輩出した千葉県野球のメッカ。
しかし記事によると、高校卒業後、生活面の問題から野球をやり続けることを断念する選手が多いという。これは非常に残念であり、勿体無いことです。

そういった意味では、3部スタートながら銚子の地に大学野球が根付けば「千葉県野球のメッカ」の復活もグッと近くなるはずです。
先日、友人Aと銚子巡りをしてきましたが、「野球が文化として根付いている街」というのは確実に伝わってきましたね。それもプロではなく、銚子で野球といえば当然のように高校野球。そこに大学野球が加わる日も、そう遠くはないはずです。


千葉県大学野球リーグといえば、現在は国際武道大の天下です。見に行きたいんですが、何せ試合会場が遠くて遠くて。何故天台でやらんのか。むしろ秋津でもいい。まぁ、いつかは見に行きたいと思います。


余談ですが、高校時代に東邦大学と練習試合したことがあります。あんまり強くなかったなぁ。
反面教師にすべき試合
まぁ、多くは語りませんが…
最も期待していた唐川擁する成田が広陵に敗れました。


スコア・試合経過(毎日)


プロのグラウンド整備をぜひ!
甲子園球場を管理するおなじみの阪神園芸が、高野連加盟校のグラウンドづくり・補修を手伝うそうです。


詳細→高校野球加盟校のグラウンド整備受付について(阪神園芸)


これはいいですね。いや、正直羨ましい。
俺の出身校は専用球場などなく、いわゆる「校庭」に近いものでした。小石や雑草は当たり前で、水捌けも悪い。イレギュラーも日常茶飯事。練習前は雑草抜きと小石拾いから始まったものです。
いつかの冬に土を大量に注ぎ込み、何日か練習を中断して部員全員で土を均した記憶もあります。

一流の選手が使うグラウンドには程遠かっただけに、公式戦で使う野球場のグラウンドがより「上物」に感じました。やっぱりいい土といいグラウンド状態でプレーするのが一番気持ちいいですよ。

まぁ、いくら阪神園芸といえど全ての高校のグラウンドを「上物」に仕上げることは難しいとは思いますが、グラウンドキーパーのプロが自分の高校のグラウンドを整備してくれたら嬉しいですよね。


期間は今年と来年の10~11月。しかも人件費や技術料は無料とのことです。
この試みは違った意味で高校球児に「夢」を与えてくれそうですね。
美化される高校野球
まぁ、今更書くような内容でもないんですけどね。突如思い出したように書いてみます。

結局は高野連への批判になってしまうのかな…とは思いますけど、元高校球児として当時実際に感じていたことです。
賛否両論、様々な意見があるとは思いますが、あくまで俺自身が感じていることです。


センバツ組合せ決まる
組合せ(高野連)


まぁ、上手く散らばりましたね。準々決勝あたりから実力校同士の潰し合いが始まりそうです。といっても、どの高校も初戦から厳しい試合になりそうですが。

さて、千葉勢は千葉経大附が中京、成田が広陵という初戦。厳しいですね。
おそらく千葉経大附は丸と心中に近いでしょう。秋季大会・神宮大会の内容から、準決勝までの中4日・1日・1日なら松本監督は行かせるでしょう。内藤・工藤あたりの復調にも因りますが。

一方の成田は準決勝まで中3日・1日・連戦です。これはキツい。3戦とも唐川の連投はないでしょう。つまりどこかで投げる2番手・川村の出来が重要になってきそうです。


それにしても千葉経大附・飯窪主将は選手宣誓をやりたいと思っていたらしいです。
俺は物凄くやりたくなかったです。比較的早い段階で宣誓をする高校が決まったんで、かなり気楽に(?)クジを引いた記憶があります。


23日の開幕が待ちきれませんねー。千葉勢に期待しましょう。
金を払って髪を染めたことがないんだよね、俺
新庄、最もヘアカラー似合う有名人に「今度はパンダカラー」(サンスポ)


今年は新庄だったんですね。
まぁ、要は話題性があれば誰でもいいわけで。
仕事のツテ(主催者からの招待)で一昨年このヘアショーに行ったことがあるんですが、その時のグランプリはベッキーでした。だから何だってわけじゃないですけど。

というか江角マキコってどういうことよ?
ちょっと前まで黒髪ストレートの象徴みたいな存在だったのに…


別にいいんですけどね。
野球暦22年目の新発見
いやー、20年以上野球をやっていても知らないことはたくさんあります。

特にルール関係関しては本当に奥が深い。公式審判員は本当に凄いと思いますよ。
以前も書きましたが、野球の試合で適用されるルールなんていうのは9割方決まっています。いわゆる「誰もが知っているようなルール」です。
問題は残り1割の「マニアックなルール」。これがまた知らない内容ばかりで困ったもんです。


とりあえず2つほどご紹介しましょう。
あぁ、最初に言っておきますが、少し長文です。複雑なルールや長い乱文は読みたくないという方はスルーを推奨します。

千葉県春季大会地区予選組合せ決まる
地区予選組合せ(千葉県高野連)


いよいよ今月の第2土曜(10日)から対外試合が解禁となり、その2週間後にはセンバツ大会が開幕します。冬なんてあっという間に終わりですよ。

その前に、千葉県春季大会の地区予選組合せが決まりました。まぁ、組合せ自体は2月16日に決まっていたわけですが、会場の決定等の理由で発表がズレ込んだわけです。

昨秋の県大会ベスト8(成田、長生、千葉日大一、東海大望洋、銚子商、若松、千葉経大附、木更津総合)は地区予選免除となります。まぁ上手い具合にバラけたんじゃないでしょうか。
しかし「千葉県最激戦地区」の第8地区はどの試合を見に行ったとしても1回見てみたい高校ばかりだな…

ちなみに8日は秋津に行こうか流山に行こうか迷いどころだ。うーむ。


あぁ、Excel Viewerって便利ですね。Office入れてないんで助かりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。