左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関東大会千葉県代表は成田と千葉経大附
千葉県秋季大会もいよいよ大詰め。今日は県野球場で成田-東海大望洋、銚子商-千葉経大附の準決勝2試合が行われ、10月27日から茨城で開催される関東大会への出場校が決定します。

昨秋の関東優勝・今春のセンバツ出場も、夏は稲毛に初戦負けした成田。
今夏の代表校にして、今や千葉県高校野球界の中心に君臨しつつある千葉経大附。
去年夏の千葉を制し、名門復活の兆しを見せる銚子商。
浦安に差をつけられつつも、昨春の千葉を制し、千葉県特有の「無冠の強豪」を脱却を狙う東海大望洋。


新旧、秋春夏の王者が入り組んだこともあり、天台は大渋滞。宮野木Jctから穴川インターの渋滞は普段通りとしても、穴川インターから球場までの国道16号が動かないんです。差し詰め「高校野球渋滞」とでも言いましょうか。
あまりの渋滞振りに業を煮やし、別ルートから運動公園突入を試みるも迷走。結局穴川インターを下りてから球場入りするまでに1時間近くを要し、まさかの途中観戦となりました。

いや、今夏の甲子園人気の余波もあるのだとは思いますが、千葉の高校野球への根強い人気と変わらぬ熱気の証明なのでしょう。まさかの渋滞には心底イライラしましたが、そう考えると少し嬉しくも感じましたね。

[関東大会千葉県代表は成田と千葉経大附]の続きを読む
スポンサーサイト
「挟む」ということ
「上手いチーム」と「強いチーム」

これ、似て非なるものだと思っています。
上手くても強いとは限らない。強くても上手いとは限らない。特に高校野球はプロに比べてこの傾向が強く、また醍醐味のひとつでもあります。


140km/hのストレートを放るエースがいれば強いのか?ホームランを打てる4番がいれば強いのか?否、それは「上手い」のであって、真の「強さ」ではないと思います。
もちろん個人能力に秀でたチームはそれだけで優位性があります。特に高校野球ではいいピッチャーさえいれば、ある程度までは勝ち進めるでしょう。ただ、それは野球として魅力的かと言われれば、正直なところ疑問符が付きます。


成田-長生市立柏-千葉商を見て、たったひとつのプレーが「強さ」をほころばせてしまったのです。

来年こそは…! 高校生ドラフト終了
8年振りのプロ輩出ならず…

高校生ドラフト結果(ニッカン)


千葉県勢でプロ志望届を出していた習志野・安達、千葉日大一・吉澤は共に指名なしに終わりました。うーん、残念ですが大学・社会人で頑張って欲しいですね。

数年前までと違って、今の高校生はあまり露骨に球団を選ばない感じがしますね。各球団の人気や実力が上がってきたということなんでしょう。まぁ、中でも堂上は相思相愛なんじゃないでしょうか。しかし未だに「九州・沖縄→ソフトバンク(ダイエー)」という図式が頭から離れないですねぇw


終わったばかり(しかもまだ大学・社会人があるし)ですが、来年の高校生ドラフトが楽しみです。
成田・唐川、拓大紅陵・吉川、大前、若松・平川、千葉経大附・丸、市立柏・坂本等、他にも好投手・好打者の2年生が多いので、ぜひ来年は千葉県豊作の年になればと思います。

しかし毎年のようにプロを輩出する横浜(今年は2人)は凄いですな…
秋季大会準々決勝 於・県野球場
9月の下旬に思わぬ日焼けです。元々色白なんで日焼けはかなり辛いんですが、高校野球観戦での日焼けならそれもまた良し、です。

千葉県高校野球秋季大会も準々決勝。県野球場では成田-長生、千葉日大一-東海大望洋が、市原臨海では銚子商-若松、千葉経大附-木更津総合がベスト4を懸けて激突です。

いや、ぶっちゃけカード的には絶対的に市原臨海なんですが…遠いよ。
ということで無難に天台での観戦をチョイス。秋季大会にも拘わらず、スタンドは結構な客入りでした(その内3割程は他校の偵察ですが)。どうやら市原臨海も相当な入りだったようです。

2試合見た感想をサックリと↓
太陽って西から昇るのか?
以前のエントリーで、俺のプロ野球に対する最も代表的な苦言を呈したわけですが…

ちょっとこの記事を読んで下さい↓


「野球選手の全力疾走。」(Number Web)



秋季大会は発展途上のチーム
今日から千葉県高校野球秋季県大会が始まりました。
来夏観戦への布石という意味もあり、是非注目したい秋季大会。早速秋津球場の1試合目、強豪校対決の市立柏-千葉商の試合を見てきましたよ。
8年振りのプロ輩出なるか?
近年稀に見る話題性を呼んだ甲子園大会から1ヶ月。
まだ国体を残しているものの、高校生ドラフトに注目がされています。プロ志望届提出者一覧はこちら(日本高校野球連盟)


駒大苫小牧・田中、横浜・福田、愛工大名電・堂上、関西・ダース・ローマシュ匡、八重山商工・大嶺など、甲子園を湧かせた選手たちがプロの門を叩く道を選んでいます。

個人的に注目したいのは鷲宮(埼玉)・増渕と習志野・安達。
増渕はテレビのダイジェストでしか見たことありませんが、最速149km/hのストレートと鋭いスライダー、シンカーは各球団の評価が相当高いようで、駒大苫小牧・田中を超える評価も。どうやらヤクルト、西武あたりが指名の模様。

そして何と言っても、俺的に大注目は習志野の主将・安達。このエントリーでちょっとだけ触れていますが、特大弾を放った次の打席でコンパクトなスイングを見せた打撃には驚かされました。キャッチャーとしてよりも、バッターとして今後に注目したいですね。

安達の父親は習志野高時代の昭和47年に元阪神・掛布や椎名・現習志野高監督、巨人・阿部の父親らと共に甲子園に出場しています。家系で野球を語る気は毛頭ありませんが、血筋は十分。もし指名されれば、'98年の松比良(近鉄)以来ですね。ちなみに松比良は俺の中学の後輩(1コ下)です。俺が卒業した年に入ってきた(転校?)ので面識はありませんが。現在は楽天のブルペンキャッチャーみたいですね。習志野からのプロ入りは松比良から遡ると、福浦、花島(共にロッテ)、城(ヤクルト)…となります。ここらで習志野からプロを輩出してくれると地元民としてはこの上なく嬉しいなあ…。


高校生ドラフト会議は9月25日。
習志野市が歓喜に沸くことを願って――
2年連続千葉県勢センバツ出場を…!
千葉県秋季県大会組み合わせ


さて、秋季県大会の組み合わせが決まりました。
先述したとおり、予選の山によってかなりバラつきがあったことは否めませんね。実力が均衡してくるのは準々決勝くらいからでしょうか。

秋は特にピッチャーで決まるでしょうね。新チームになってから1ヶ月半ですから、まだバットの振りこみが足りない状態でしょう。打撃陣が多少貧弱でも、ピッチャーがよければ春の予選免除(ベスト8)ラインまで行くかもしれませんね。

16日は草野球、17・22日(30日も怪しい)は仕事のため、準々決勝からの観戦になりそうです。関東大会出場(2校)が懸かる準決勝が一番盛り上がりそうです。

「戦国千葉」再び…!
ちゃんと佐伯の立ち位置見てたのか?
【広島】まさかの打撃妨害でサヨナラ負け(ニッカン)


んー、タイトルの通り。
凡ミスも凡ミス。キャッチャーとして注意力が足りないと言われても仕方がないですね。まぁ消化試合だからってわけじゃないでしょうけど、キャッチャー経験者から見れば「情けない」の一言。
バッティングセンター論
長い梅雨が明けたと思ったら、あっという間に短い夏が終わろうとしています。
そうです、秋です。バッセンの秋です。みなさん、この秋はバッセンで汗を流しましょう。

というわけで、今回は俺なりのバッセン論を展開してみたいと思います。たかがバッセンについて真剣に語る俺を笑うがいい。ああ笑えばいいさ。
秋季・春季大会予選制度の見直しを望む
さて、千葉県秋季大会予選が終了し、49校(+千葉経大附)の地区代表校が出揃いました(予選組み合わせ・結果)。8日に抽選、16日から県大会が始まります。何とか都合をつけて見に行きたいところです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。