左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パ・リーグが誇る2人の天才日本人打者
カブレラが豪快なホームランを打つ度に思う。彼の凄さは何なんだろうかと――

あのパワーよりも、ボールを捕らえる能力。あのパワーに隠れた綺麗なバットスイング。注目すべき点はそちらなのではないか、といつも思う。

俺自身はホームランなど現役時代は雀の涙ほどしか打っていないですが、常々思っているのは「ホームランに必要なのはパワーではなく、タイミングとインパクトのポイント」。カブレラは異常な程のパワーを持っていますが、彼のフルスイングをしながらボールを完璧に捕らえる能力は物凄いレベルだと思います。

「ホームランは技術である」

まぁその考え方は別にしても、なかなか面白い本があったのでこのエントリーを書いてみました。
[パ・リーグが誇る2人の天才日本人打者]の続きを読む
スポンサーサイト
ルールが変わったらしいです
審判技術委員会で公認野球規則について意見交換(サンスポ)

超ビッグニュースなんですけど。知らなかったの俺だけ?正直、一瞬目を疑いましたよ。サンスポのソースだけだと不十分なんで、以下15日の読売朝刊紙面から抜粋。

「一番大きな変更点は、投手の軸足の置き方。これまでは投手板の側面に足が出てはいけなかったが、足の一部が触れていればよくなった。足一歩分外に踏み出すことができ、投手は、より角度を利用できるようになった。」

大リーグでは今季から既に導入されているようで、日本は来年から導入するかを検討中らしいです。
というかですね、プレートの軸足の置き方。とんでもなく大きなこと変更点ですよ。分かりやすく言いますと、左打者から見た阪神のウィリアムスの投球が、さらに約28cm背後から来るという感じですよ。
もうひとつは、1塁と3塁への牽制球。距離が約28cm縮まることになります。もはや「投手が角度を利用できる」なんてレベルの話ではありません。

いやぁ、大リーグも思い切ったことをしましたねぇ。来年から日本で導入したら、かなりの論議を呼ぶと思いますが。どうなるんでしょう…
青野毅、今光り輝く
コースケの好投、大松の満塁弾、得意の中継ぎ陣タコ殴り…
久しぶりのドンチャン騒ぎの内容だったインボイス。

ニッカン式スコア

が、俺的には圧倒的に「青野デー」だったわけです。
コンマ数秒の世界で働くのは本能だけ
「打っていいストライクと、打ってはいけないストライク」

さすがはGOD、95年の打点王は言うことが違う。ズレータが直行から放ったホームランの場面で残したコメントなわけですが。
盗塁阻止は肩が全てではない
納得いかないことがありまして。相変わらずの偏屈エントリーなんですが。

「盗塁の技術は足の速さではない」

熱心に野球を見てる人や経験者ならよくお分かりかと思います。これ、言い換えれば「身体能力はひとつの要因に過ぎない」ということ。そうでないと「野球」があまりにつまらないですからね。

それがわかっているのに、何故なんだろうか。何故キャッチャーが盗塁を刺すと「強肩」の一言で済ますのか。それをプロの解説者が発言するのだから尚更納得がいかない。
目を疑った
「本当に本人が書いた(もしくは語った)文章なのか?」

読んだ直後の率直な感想です。以下、その理由。


指示通りにリードせずに打たれると、バレンタインは「なぜ言われた通りのリードができないのか」と選手を責めることはせずに、袴田に不満をぶつける。「自分が選手に言ったら、すべてが終わりになる。選手は逃げ場がなくなるから」と言って、袴田を突き放す。間に入る担当コーチが怒られ役になることで、選手に気持ちよくプレーさせているのだ。(Number 640号 日本シリーズ総力特集 26頁より)


そんな人が、ブログとはいえ不特定多数の人が閲覧できる状態の媒体にあの文章を書くという行為が、俺にはどうも不自然に見えるのです。
逆に、そう書かせてしまうくらいチーム状態が酷いということなのでしょうかね。日本一の代償って計り知れないですね。

昨年末からの球団に加え、チームも迷走し始めたのか。
数学みたいにマイナス+マイナスはプラス、とは行きそうもないですし。
話題に事欠かないというのも疲れるものですね。
今年の契約更改も存分にゴネて下さい
くだらんエントリ書いてる場合じゃなかった…

ロッテの藤田が439試合連続リリーフ登板(スポーツナビ)

単独1位まであと88試合ですか。順調にいけば来年にも達成しそうですね。
526試合の記録を持つ橋本武広は、かつて西武時代に「右打者には打たれてもいいから、左打者は150%抑えろ」とコーチに言われたらしいですが、藤田も「左キラー」を極めてほしいと思いますね。


破壊組合?それはそれ、これはこれですよ。
満塁なら高確率で1点ですよ
開幕3カードが終わって3勝5敗借金2らしいですよ。
まぁそんなことはどーでもいいんですけどね。結果よりも、3連勝→3連敗という懐かしい香りがたまらなく心地いいですよね。どうせなら19連勝→19連敗とか見たくないですか?「ロッテ19連敗も、未だ勝率5割!」なんて見出しが目に浮かびます。

今年は一昨年までと同様、チャンスでの1本が出てないようですが。満塁では特に顕著のようですが、そんなに下向かないでも大丈夫ですよ。
新人の技術がベテランの巧打を生んだ
久保はキツイですなー。序盤に崩れるのを何とかしてほしいもんです。
薮田炎上?内被弾?そんなことは全てスルーですよ。他ブログ様参照。

やっと見所がある試合が見れた、というのが感想ですね。炭谷と堀とパスクチ。まぁいろいろ書いてみましょう。

あ、一応結果ね↓
ニッカン式スコア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。