左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロのカーブは速いですね
気にはなってたんですよ、自分の球速。
現役時代は計ったことなかったし、そもそもピッチャーじゃなかったし。ただ、肩にはそれなりに自信は持ってたんで(遠投も100メートルくらい投げてたし)、いつか計測してみたいと思ってました。で、今更計測してきたわけです。
[プロのカーブは速いですね]の続きを読む
スポンサーサイト
古田敦也が教えてくれたこと
ヤクルトの選手兼監督に関するエントリーといっても、ハッキリ言ってかなりショボイです。期待せずに。
内角球論
野村ノートをご存知でしょうか。俺はamazonで3週間待って手に入れたほど、ぜひ読みたかった本なんですよ。
独断と偏見のプロレス論 ~大森隆男~
寒いですね。今まで冬物だと思って着ていたスーツが、実はスリーシーズン用だったことが判明しました。何か太ももがの冷えっぷりが酷いと思ってたんですよ。しかも去年から冬に着ていたというから自分でも呆れてます。まだ20代半ば、ボケには早いと言い聞かせる毎日。

で、ユウゴーの韓国入り直行と薮田西岡の契約更改ネタを華麗にスルーし、懲りもせずにこのネタを。

大森隆男。
正直語りづらい。
まぁ俺なりに書いてみましょう。
巨人の投手陣を打ち砕いてやるッ!
やまだ書点さんのエントリーに触発され、同じバッティングセンターに行ってきました。まぁ何だ、聖夜にバッティングセンターに行ってもいいじゃない。趣味っちゃあ趣味だし。

P1000002.jpg
やまだ書点さんの仇を討つべく、いざ!

P1000001.jpg
各投手のブースが選べます。

ちなみに1ゲーム300円で最大25球。1球あたり12円。高けぇ…
1,000円で4ゲーム打てるということで、そっちを選択。それでも1球あたり10円。行きつけの夏見台バッティングセンターは単価6.7円なのに…映像付きということで高めの設定なんでしょうか。まぁいいや。

そんなこんなで上原やら桑田やら高橋尚やらをボコボコにしてきた次第。ただ、ショートの方向に打球が行くと「あれを小坂が捕るのかな…」などと思ってしまい、少し感傷的な打撃になってしまいました。もうここには来るまい…

ちなみにバッティングセンターに行く際、必ず装着するバッティンググローブ。あの人のサイン入りです。P1000003.jpg
SSK社製。

P1000004.jpg
「Marines 31」そう、俊介のサインです。特殊ルートで頂いたものです。

俊介といえば、下手投げ対応のバッティングセンターがあったら行ってみたいですよね。映像が付いてれば尚良し。ぜひ打ってみたいですよ。その前にマシンの開発が優先ですが。
俺にとっての野球とは
調子に乗って立て続けにエントリーを。
ご存知の方もいるかと思いますが、小学校1年から野球をやってきました。高校まで野球部に所属し、卒業後は草野球に精を出しています。会社の野球部ではちょっとした中心選手ですよ(参照。)
独断と偏見のプロレス論 ~小川良成~
さて、第2弾です。今回はゼブラ柄のセクシーガイ・小川良成について書いてみましょう。
「鶴田軍vs超世代軍」という珠玉の6人タッグでボコボコにされながらも(三沢にモンキーフリップで投げられた時の高さは忘れられない)、渕正信超えを果たしてからはジュニアヘビーのベルトの代名詞となり、秋山とのシングルマッチ直後に三沢と衝撃合体してからは世界タッグも獲りました。NOAHに移ってからもGHCヘビーを獲るなど、その心憎いファイトは健在ですね。いやぁ、結構好きな選手ですねぇ。ただ、実際に小川を好むようになったのはここ5年くらいからなんです。その辺の理由も書いてみましょう。
独断と偏見のプロレス論 ~小橋建太~
気晴らしも含めてこんなエントリーを。

ごく一部の方はご存知だと思いますが、プロレス好きです。専門は四天王時代の全日。俄かとか言わないように。基本的に三沢信者ではありますが、最近はパッタリと見なくなってしまいました…
ちなみにその中で一番衝撃を受けた試合は93年7月29日の三沢vs川田戦(投げっぱなしジャーマン3連発→半失神状態の川田をムリヤリ起こしてタイガースプレックス)。

まぁそんな感じなんですが、俺もプロレスに関しては持論がありまして。で、今回は小橋建太をテーマに書いてみようかなと思います。
全てのショートゴロは、貴方に通じているのです
このことを書くのも嫌で、スルーしようかと思ったんですが…
もうリンク貼るのも面倒くさい。むしろ貼りたくない。

「何故○○なんだ!」と言い出せばキリがないのでやめます。
もう現実として受け入れるしか道はありません。
「納得いかない」とか「何故」とか「球団は~…」とか考えるのやめます。
自分で結論を出しても、現実が虚しく映るだけですから。

試合前のシートノックを見に行く一番の楽しみがなくなってしまった。
年に数回あるかないかの本塁打をマリンで見るという、最高の興奮がもう味わえない。
どうしたらあんなに捕球→送球が早くできるのかが、未だにわからない。
もうぽpフライは…

…やめましょう。虚しいだけだ…


…今記者会見を見ましたが。こさっち、抜け殻のように虚ろじゃねーか…
契約更改しに来てトレードか…
ダメだ、何も言えん。他のエントリー挙げるか…
高校野球とは
鴎年会の興奮が未だ冷めやらぬわけですが。
今回はちょっと趣向を変えて高校野球について書いてみます。
思いっきりオフシーズンのタイミングに書く内容じゃないことは気にしない。
鴎愛、新橋に轟く
一部のマリーンズブログ様でエントリーされてる鴎年会に参加してきました。
詳細は他ブログ様を参照していただければ(←手抜き)

総勢19名ですか。いたんですね、コアなファンがこんなに。俺の周りにはマリーンズファンがいないので尚更です。人数も然ることながら、トーク内容も非常に濃く、俺にとっては掛け値なしで最高の夜でした。

ひとつの信念の下に赤の他人同士がひとつの場所に集結する。何というか、球場そのものだと思います。人格も出身地も性別も価値観も違う。ただひとつ、「マリーンズが好きだ」という共通点だけで実現したあの場。今思うと、非常に貴重な体験でした。

俺の周りの人は言います。「ロッテの応援は宗教みたいだな」。恐らくあの統率の取れた応援と熱狂的なファンを指して言っているんでしょうが、あながち間違いでもないと思っています。
「宗教的」というとどこかネガティブなニュアンスを受けますが、「ひとつのもの・信念・価値を共有する」という点では、いい意味で「宗教的」だと思います。ルールや縛りは必要ない。各々がマリーンズを、野球を楽しめばいいんですよ。その結果が新橋で炸裂したわけです。

しかし、これは何度やっても飽きそうもないですね。更なる交流を広めたいものです。みなさん、お疲れ様でした。

最後に、幹事を務めたrat26さんの多大なる尽力に心より御礼申し上げます。本当にお疲れ様でした。


追記
元6年3組の同士、ブログ開設待ってるぞー
お悔やみ
「仰木マジック」

数々の名采配は永遠に語り継がれることでしょう

ただひとつ残念なのは

最後の最後にマジックが効かなかったこと…


心よりご冥福をお祈りします
ロッテ・背広組の奮闘
寒さが厳しくなってきまたね。今日の気温は平年より4度低いとか。ただ、この時期に吸うタバコって何か美味いんですよね。コートスタイルも好きだし、寒くなければ最高の季節です。

そんな中、12月10日のエントリーでお知らせしたマリーンズの経営セミナーに行ってきました。
だって、俺できないんだもん…
野球の技術に於いて俺が尊敬するもの

・右中間に本塁打を打つ(左打者であればその逆)
・狙ってファール(カット)にする
・内角ギリギリを腕を畳んで回転して打つ
・ハーフバウンドを当たり前のように捕球してランニングスロー
・バックトス
・捕球から送球が異常に早い(というか小坂)
・カーブを投げる(俺投げれません_| ̄|○)

・総じてプロのプレー全て


…何かこれだけ見るとすげー俺がド下手みたいだな。実際下手ですが。一応高校時代に遠投90メートルは投げてましたね。今は肩が崩壊してますが。
あ、あと仕事帰りの深夜にスーツ姿でバッティングセンターに行ってみて下さい。何かこう、スカッとしますよ。
マリーンズの経営企画室が丸ビルにやってくる!
お知らせです。
12月13日(火)18:30より丸ビルにて「ロッテ・背広組の奮闘 − 今季の取り組みと今後の方針」というセミナーが開かれます。ロッテ球団の今季のマネジメントや改革についての内容とのこと。マリーンズの経営企画室が講師予定です。無料(要申込み)ですので、興味がある方、ぜひどうぞー。

あ、ちなみに俺は申し込み済です。セミナー主催者である東京商工リサーチ社に友達がいまして、教えてもらいました。というか、そいつに勝手に申し込まれてましたw
時間的に厳しいですが、これは是非聞いてみたいセミナー。何とか仕事切り上げて、丸ビルへGO!!ですよ。
携帯瀕死
WBCメンバーについては諸ブログ様に任せるとして。

通話中に突然電源が切れます。
電池の減りが異常に早いです(5分通話で「充電してください」)。
電波の入りも悪くなってます。

ということで、明日機種変更します。仕事に支障ありまくりなんで。
ちなみに今はP504iS。諸事情あってmovaなんですよ。しかも貰いモノ。
そろそろFOMAデビューしてみようかなー。
明細分けられるならFOMAでもいいんですけどね。分けられないならmovaで。
あぁ、ケータイ市場が全然わかりませんよ(ノ∀`)
あー、里崎に満塁弾打たれた、あの!
理美容関係の仕事をしている都合上、仕事で理美容室にはしょっちゅう行くわけで。まぁ俺の髪はもはや商売道具です。

で、今日も某ヘアサロンで高額機器の説明をしてきたわけです。椅子2台で予約制の素晴らしいサロンなんですけどね。デモストをするんでモデルさんが必要なわけですが、予約で来ていた一般のお客さんをモデルとさせて頂いたのです。常連さんのようで、和やかな雰囲気。
店長さんが「○○さん(モデル)、突然すいませんねー」と言うのを聞いて、「ん?どこかで聞いた苗字だな…」と思ったら、やっぱりビンゴ。交流戦で里崎にプロ入り初の満塁ホームランを献上した某新人投手の叔母さんだったんですよ。で、思わずタイトルのセリフを口走ってしまったのでした(ノ∀`)
ちなみにその試合はマリンで観戦されてたそうで。「来年はロッテだけじゃなくて甥も応援してくださいね!」とアピールも忘れずに帰られました。肝心のヘアカラー、キレイに染まってよかったですね。

あ、あと20時くらいかな?会社の目の前で火事(というより小火)がありまして。消防車5台くらいと救急車が1台がわんさかと集結。御存知の方もいらっしゃいますが、俺の会社は日暮里にあるんですよ。細い路地が入り組んでる複雑な構造なんですが、路地の奥からモヤモヤと煙が。消防車が5台も来ているのに、路地が狭いので実質働いているのは1台。まぁ大事に至らなくてよかったです。歩きながら撮ったんでブレまくり↓
火事

あの素晴らしいラインドライブをもう一度…
いやぁ、ブログ開設2週間でもう亀更新ですよ。仕事忙しいんですよ、これでも。あ、今週末ボーナス支給だ。期待してないけど、まぁ出るだけマシですね。安定した中小企業の強みというか。

さて、契約更改が各誌・各ブログを賑わしていますね。俺も時間を見つけてニュースサイトで確認していますが、マリーンズの中ではどうやら諸積の20%ダウン提示が話題を呼んでいるようです。垣内の19%ダウンはひっそりと流されているようですが…
まぁパーセンテージは別にして、モロのダウンは妥当でしょう。終盤の守備固めと代走ですからね。あ、西武戦の勝ち越しタイムリーは見事でしたが。もっと言うと、俺的にはモロは本当の守備固めとは思ってません。そりゃテレンコやベニーよりは遥かにいいし、守備範囲も広い。でもあの弱肩は致命傷。ランナー2塁でほぼ確実にホームに還られるのはキツイですよ。そういう意味も含めて、現状維持すら難しいでしょう。モロファンの方、すみません。

それより垣内ですよ。アジアの大砲が19%ダウン。初芝神が去った今、次期GODに現実的に最も近い存在(wallさんのアンケート結果でも10.9%もの支持率!)でありながら、この体たらく。いい加減「左キラー」と言われながら左腕から三振の山を積み重ねるのはやめましょう。今こそ鬼アッパースイングから繰り出される超ラインドライブの放物線を描く時です。俺は西武時代の垣内を一人で怖がってましたよ。あの時を思い出せば、来年は幕張の顔も夢ではないぞ!

ちなみに他選手の契約更改については細かく言及しません。そんな時間ないもん(ノ∀`)
サーフ、行かないで…
陰陽座を観る
たまには野球以外のことも書いてみますか。

新木場STUDIO COASTにて陰陽座のライブを見に行ってきました。
いや、一見色モノに見えるけど、音楽性はカッコいいんですよ。アルバムほとんど持ってるんで、ライブ行ってみるかなーと思っていたんですよ。行って正解でした。
基本的にライブっていうのは最高なんですよね。音源ではなく、生の音楽ってのはやはりいいもんです。それを抜きにしても今回は最高でした。ここのボーカル(女性)の歌唱力ってのがまた凄いんですが、ライブでの再現度がメチャクチャ高い。アタマ振りながら感心してしまいました。

で、俺の音楽の嗜好なんですが、初芝神に近いです。最近日本のバンドも好むようになりまして。メタルのサウンドに日本語ってのはどうも違和感があったんですが(今でもいわゆるジャパメタは苦手ですが)、最近女性ボーカルのメタルがドツボでして。犬神サーカス団(メタルではないか?)、五人一首なんかを好んでます。はい、誰も知らないでしょうね。

ライブのお土産といえば首の筋肉痛と耳鳴り。キンキンいってます…
「ボビーマジック」が流行語に!
今年の流行語大賞が発表になりましたね。
大賞はコバマサ劇場小泉劇場ですか。こんなの受賞してる場合じゃないでしょうが。コバマサオペラ小泉オペラって何ですか?まったく。

それは置いといて、「ボビーマジック」もトップ10入りですね。受賞者はボビーとサブロー、今江とのこと。今江は日本シリーズ初戦の2番起用が印象的だったんですかね。垣内のプレーオフ第5戦の代打もある意味マジックですが。しかもヒット打っちゃうんですから、垣内もマジックです。さすが次期GOD候補ですね。
まぁ今年の盛り上がりを締めくくる受賞といったところですね。あ、契約更改が残ってますけど。

「じゃあ、GODで」「G.O.D.D.E オーゴッデ!」は残念ながら落選。薫友さんの超名言「船橋オヤジのちょい神ソックス」は大賞級だと思うんですが…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。