左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうせカウント2・9で返すんだろ?
スポンサーサイト
「三沢-川田」というカード
さて、直前のエントリーで小橋の復帰戦に疑問符を投げかけたわけですが、俺が感じる「物足りなさ」の答えが何となく分かってきました。

足りないのは…そう、川田利明。


小橋の復帰戦に想う
久々にプロレスネタです。


あぁ、いきなり話が飛びますが、実はここ3ヶ月ほどテレビを見ていません。というかテレビが映りません。家がデジタル放送のアンテナに切り替わったのに、俺のテレビはアナログ。アナログのアンテナがないので、そのままテレビ無しの生活を送っていました。

で、ただでさえ暇な年末年始。しかも椎間板ヘルニアが軽く再発し、家で安静にしている現状において、テレビ無しは正直キツい。ということで、いい加減デジタル対応のテレビを買おうという気になり、某YMD電機経由で16型某AQUOSを購入したわけです。

画質の綺麗さなど気にもせず、お試し期間中のCSをダラダラと見ていたんですが、G+にチャンネルを合わせると、上手い具合にNOAHの試合を放送してたんですよ。「うわ、プロレス見るのすげー久しぶりだなー(5年振りくらい?)」とか思ってたら…ん?小橋が試合をしているぞ?あれ、復帰したのか!?


ということで、腎臓がんで戦線離脱していた小橋健太が、12が2日のNOAH日本武道館大会で復帰したようです。
いや、この人らしいといえばこの人らしいんですが、がんを克服しても尚、そのファイトスタイルに変化は微塵もありませんでした。四天王時代の全日至上主義な俺は懐かしさを感じつつも、同時に物凄い物足りなさを感じたのです。


君の復帰を、待っている。
小橋が腎腫瘍摘出手術で無期限欠場(ニッカン)

すでに発表がありましたが、何とも驚きです。小橋の欠場といえば膝のケガが定番だっただけに、まさかこんなことになるとは…
外のケガは筋肉でカバーできますが、中の病気はそうもいかない。

秋山のブログを見ると小橋自身は明るいみたいですが…本人は相当落ち込んでいることでしょう。しっかり治して、グリーンのマットに戻ってくることを願いましょう。


「俺が死んでも三沢さんを恨まないでくれよ。」


小橋が母親に言った一言。
死ぬ(引退する)のはまだ早い。
また見せてくれよ。ラリアットを、ハーフネルソンを、チョップを、バーニングハンマーを、ムーンサルト(握りこぶし付き)を、ローリングクレイドルを、スリーパーを、ジャックナイフパワーボムを…!
独断と偏見のプロレス論 ~大森隆男~
寒いですね。今まで冬物だと思って着ていたスーツが、実はスリーシーズン用だったことが判明しました。何か太ももがの冷えっぷりが酷いと思ってたんですよ。しかも去年から冬に着ていたというから自分でも呆れてます。まだ20代半ば、ボケには早いと言い聞かせる毎日。

で、ユウゴーの韓国入り直行と薮田西岡の契約更改ネタを華麗にスルーし、懲りもせずにこのネタを。

大森隆男。
正直語りづらい。
まぁ俺なりに書いてみましょう。
独断と偏見のプロレス論 ~小川良成~
さて、第2弾です。今回はゼブラ柄のセクシーガイ・小川良成について書いてみましょう。
「鶴田軍vs超世代軍」という珠玉の6人タッグでボコボコにされながらも(三沢にモンキーフリップで投げられた時の高さは忘れられない)、渕正信超えを果たしてからはジュニアヘビーのベルトの代名詞となり、秋山とのシングルマッチ直後に三沢と衝撃合体してからは世界タッグも獲りました。NOAHに移ってからもGHCヘビーを獲るなど、その心憎いファイトは健在ですね。いやぁ、結構好きな選手ですねぇ。ただ、実際に小川を好むようになったのはここ5年くらいからなんです。その辺の理由も書いてみましょう。
独断と偏見のプロレス論 ~小橋建太~
気晴らしも含めてこんなエントリーを。

ごく一部の方はご存知だと思いますが、プロレス好きです。専門は四天王時代の全日。俄かとか言わないように。基本的に三沢信者ではありますが、最近はパッタリと見なくなってしまいました…
ちなみにその中で一番衝撃を受けた試合は93年7月29日の三沢vs川田戦(投げっぱなしジャーマン3連発→半失神状態の川田をムリヤリ起こしてタイガースプレックス)。

まぁそんな感じなんですが、俺もプロレスに関しては持論がありまして。で、今回は小橋建太をテーマに書いてみようかなと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。