左打者が放つ左中間へのライナーとアーチ式コンクリートダムは、力強さと美しさを兼ね備えているという点で似ている。 Baseball is my real life!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天才打者、未だ死なず
随分久し振りの更新となりました。
ここ最近はダム巡りがメインとなっていましたし、正直このブログはどうでもいいと思っていたんですけど…

ちなみに今年は大学野球にも触手を伸ばしています。
メインは千葉県大学野球。たぶん見たことがある人はほとんどいないと思います。

なぜ千葉県の大学野球か?
それはやはり、千葉県の元高校球児が多く活躍しているからです。
国際武道大・田中卓実(拓大紅陵)、東京情報大・石原一成(習志野)、敬愛大・加瀬貴博(銚子商)辺りの2年生の活躍を目の当たりにして、心底嬉しく思いました。何せ2年前は俺が千葉県高校野球に於いて最も狂喜乱舞した年ですからね。

[天才打者、未だ死なず]の続きを読む
スポンサーサイト
秋季千葉県大会予選 組合せ決定
組合せ(千葉県高野連)


前回のエントリーで「千葉の夏、終わる」とか書いておきながら、もう秋季大会の地区予選の組合せが決まりました。まだ新チームが始動し始めたばかりなんですけど。
というのも、今年は敗者復活戦(二次予選)が復活します。去年までは各ブロックを6~7のヤマに分け、勝ち抜いたチームが県大会に出場していましたが…

・一次予選…各ブロックを2つの大きなヤマに分け、勝ち抜いた16校が県大会出場
・二次予選…一次予選敗退校がランダムに振り分けられ、32校が県大会出場

というように変わります。

実は俺が現役時代の10数年前は敗者復活制度でした。習志野にフルボッコを食らってから敗者復活で代表決定戦まで勝ち上がり、決定戦で敗退して県大会出場を逃したという懐かしい思い出があります。
ただ俺の時は同ブロック内での敗者復活戦でしたが、今回は全ブロックがランダムらしいです。これはかなり面白いと思いますよ。

以前も書きましたが、秋季大会は全チームが横一線。新チームになってから1ヶ月です。つまり、どの高校にもチャンスがあり、逆に言うと予想が付かない。春や夏は一発勝負でいいと思いますが、秋に関しては絶対に敗者復活戦を採用すべきだと考えていました。そういった意味では、二次予選も含めて内容の濃い秋季大会になりそうです。


さて、組合せを見てみますと…第6ブロックが異様な程に濃いですね。何ですかこれは。全部見たい試合ですよ、これ。
他ブロックでも注目の試合が多いのですが、特に注目したいのは第3ブロックの専大松戸-浦安。何の因果か、このカードは今春から3季連続で同じカード。春の地区予選は9-7で浦安が勝ち、夏は初戦で専大松戸が3-1雪辱。共に1,2年生がメンバーに名を連ねていたこともあり、今回の対戦はかなり面白い試合になるんじゃないでしょうか。

夏に勢いを見せた2年生主体のチームが多かったため、この大会はハイレベルな試合が多く期待できます。残念ながら勝浦若潮が人数不足で不参加ですが、マリンで銚子商に善戦した戦いはインパクト十分。来年また出場してくることを期待しましょう。


えーと、甲子園とかどうでもいいんですけど…
千葉の夏、終わる――東西千葉の最強、甲子園へ
どうでしょう、雨天順延が1日もなく日程を消化した大会って物凄く久し振りのような気がしますが…
東千葉は木更津総合、西千葉は千葉経大附がそれぞれ制しました。
マリンで見た「好プレー」
久々の更新です。

熱戦を繰り広げている高校野球。
7月21日の東千葉大会準々決勝、銚子商-東海大望洋での1コマです。


池永負傷


0-0で迎えた8回裏、一死2塁。息詰まる展開の中、銚子商のエース左腕・糸川が投じたカーブがホームの手前でワンバウンドし、キャッチャーの池永が投球を首に当ててしまい、一時負傷退場(治療後、試合に復帰)してしまう場面です。

東海大望洋からすれば一死3塁となり、願ってもない大チャンス。押せ押せムードも最高潮。
一方で、池永は下から突き上げてくる硬球をモロに首に食らってしまい、痛みのあまり苦悶の表情で蹲ってしまいます。

ここで誰よりも先に池永に駆け寄り、コールドスプレーで応急処置を施したのは、何と東海大望洋の1塁コーチャー・遠山だったのです。

自チームは息詰まる熱戦の均衡を破るか、という場面。そんな中、糸川よりも、銚子商ベンチよりも、審判よりも早く。


もしあの場に自分がいて、果たしてあの行動が取れたかどうか。
いや、恥ずかしいようなことを言うようですが、敵味方関係なく、いの一番で駆け寄った彼の行動に俺は胸を打たれました。中々出来ることではありません。

事あるごとに俺は「野球は思いやりのスポーツ」と言っていますが、それを行動で示した素晴らしい場面です。野球というスポーツの大事な部分を見た気がします。

テレビ中継では全くそのことには触れられていませんでしたが、糸川と望洋・佐々木の痺れる投げ合いよりも、意外な決勝点よりも、最後のバッターが齋藤監督の息子・之将だったことよりも、俺がこの試合で一番印象に残った場面でした。


さぁ、泣いても笑っても東西とも準決勝と決勝を残すのみ。
近年では記憶に無いほど順調に日程を消化している今大会ですが、これまた近年では珍しくシード校が順調に勝ち進んでいます。
贔屓の高校は敗れてしまいましたが、最後までこの熱戦が続くことを期待しています。

というか木更津総合は強すぎです。
天台での名勝負、再び!…かも
フレッシュオールスター出場候補選手(NPB公式)


フレッシュオールスターの詳細が発表になりました。

ん?何で急にプロ野球のネタかって?
決まってるじゃないですか。イースタンからは唐川が、そしてウエスタンからは丸が選出されているんですよ。これを取り上げないわけにはいかないでしょう。

広島の公式を見ると、どうやら丸は「1番・ライト」が定位置になりつつあるようですね。それどころか3番や5番といった主軸を任されることもあるようです。一時期体調を崩していたという噂を聞いていましたが、もはや「高校生離れした精神力の高校生」は完全にプロとして活躍をしているみたいです。

いやぁ、嬉しいですね。
千葉経大附自体は正直好きなチームではないのですが、丸だけは別でしたね。昔の「巨人は嫌いだが松井は好きだ」みたいな。
冗談抜きで、前田二世を目指して欲しいです。

しかし何せ広島ですから、なかなか見る機会がありません。
そういった意味では、山形遠征も考えざるを得ないでしょう。しかも相手が唐川の可能性もある。これ、千葉県の高校野球ファンなら誰もが見たい対決でしょう。


あの天台での対決が、山形で再び実現するのか――

確かめるには、山形に飛ぶしかありませんよ!
第90回全国高等学校野球選手権千葉大会 組合せ決まる!
東千葉大会組合せ
西千葉大会組合せ
(共に千葉高野連よりExcelファイル)


気が付けばもうこの季節です。千葉の夏がすぐそこまでやって来ています。もう梅雨とかどうでもいいんですけど。

さて、今大会はご存知のように第90回の記念大会ということで、千葉県からは代表校が2校となります。西千葉(第1~4ブロック)が94校、東千葉(第5~8ブロック)が81校の計175校。旧沼南町勢が第5ブロックから第4ブロックへ移動したこともあり、元々校数の多い西千葉がさらに増えました。まぁ、全国でも稀に見る激戦区振りは東西とも相変わらずですが。

今回の組合せを見て感じることは、終盤での連戦が少ないということ。通常だと5回戦くらいから2連戦、中1日置いて準決勝・決勝という具合でしたが、今年は4回戦から決勝まで中1日置いてあります。
もちろん天候に左右される場面も出てくるでしょうが、ただでさえ体力を消耗し、投手に負担が大きくかかる夏ですから、この日程は選手にとっては有難いんじゃないでしょうか。

そういった意味で、夏の大会では初登場となる長生の森公園野球場を東千葉の2回戦まで使用するというのが大きな意味を持っていると言えます。移動も楽になるでしょうし。

今年は甲子園開幕が8月2日と例年よりも早くなっていますので、天候も含めてこの日程調整というのが非常に重要になってきそうです。何せ千葉県の決勝を戦ってから1週間後には甲子園の開幕が待っているわけですからね。


これから各所で勝ち上がりの予想が続々と行われるのでしょうが、毎年のことながらいとも簡単に予想を覆されるのが千葉の夏。
ここ3年で関東の秋連覇(成田、千葉経大附)、春連覇(千葉経大附、木更津総合)と、対外的にも名実共に「野球王国」の名を取り戻してきている千葉。
「千葉を制する者は全国を制す」と言われて久しいですが、今年も変わらぬ熱戦を、球児たちの全力プレーを期待したいと思います。
六大学は早慶明のダンゴ状態へ
佑ちゃん全治2週間 早大自力V消滅(スポニチ)
スコア(六大学HP)

六大学

代休を取っていた今日、やることもないので神宮へ。
昨日・一昨日とやっていた早明戦がかなり白熱していたこともあり、自身2度目の六大学野球観戦を即決。いや、本当は岩槻での流通経済大-創価大の東京新大学野球連盟の優勝決定戦を見に行きたかったんですが(創価大が優勝、大学選手権出場)…


今千葉県で最も熱い選手(俺的に)
さて、千葉県春季大会は木更津総合の田中のノーヒットノーランで幕を閉じたわけですが…
早速こんな記事が↓

東総工・杉山捕手に虎スカウト熱視線(デイリー)

デイリーってのがアレですが、東総工・杉山が今秋のドラフトに引っ掛かりそうな感じがしてきましたね。
昨夏辺りから東総工の試合で杉山目当てのスカウトが頻繁に目撃されるようになっています。上背がないのでプロではどうかなーと思っていましたが、どうやらその心配は少しだけなくなりそうです。俺的には体格面で野手コンバートでもいいかな、と思っていますが。


選手個人にスポットを当てるという意味では、杉山に関しては彼が2年の昨春からでしょうか。その前の秋季大会は思い切り唐川(成田・現ロッテ)と坂本(市柏・現横浜)に狂喜乱舞してましたからね。
翌年のセンバツ21世紀枠推薦校に若松とともに残った長生目当てで行った大谷津球場。長生のエース・斎藤を木っ端微塵に打ち砕いたのが杉山でした。確かホームランを含む3安打だったような…
そのスイングの鋭さ、そして文字通り弾丸のようなセカンド送球。一気に彼の虜になりましたね。

あの「王者・経済」(昨日は木総にフルボッコでしたが)をして昨春・昨秋ともに中盤から勝負を避けるその姿に、もはや「千葉県最強打者」のオーラが出まくり。残念ながら今春は東海大望洋に敗れ、「3度目の正直」はなりませんでしたが、今夏最も注目すべき選手ということは誰もが認めるところでしょう。

俺が昨春から個人的に東総工に肩入れをしているのは、紛れもなく杉山の存在が大きいのは言うまでもありません。今でこそ去年の菅野、川口、今年の高橋佑、菱木、山崎といった選手を含めてのお気に入りですが、杉山なくして俺の東総工好きはなかったはずです。

願わくばロッテに入団して、「唐川-杉山」のバッテリーを見たい。
広島に入団して「3番丸(千葉経大附)、4番杉山」でもいい。
坂本、岩嵜、山崎、ゴメン。
とにかく夢は膨らむばかりです。


ただ、その前に夏があります。もちろん木更津総合・千葉経大附・市立柏が出場する春季関東大会もあります。秋のドラフトをどうこう言う時期ではありませんが、それだけに杉山の3年間の集大成を目に焼き付けたいと思っています。

あぁ、千葉テレビで高校野球ダイジェストのアシスタント募集のCMが流れていました。もうそんな時期です。そんな時期なんですよ、みなさん!
【春季県大会】シード校、順当勝ち
組合せ・結果(千葉県高野連)


東西のベスト8が出揃い、各校が夏のシード(今大会は東西各Bシードまで)を獲得しました。
予選免除勢(昨秋のベスト8)がすべて夏のシードを獲得するというのは珍しいのではないでしょうか。
スコアを見ると結構な接戦もあったようですが、結果だけ見れば順当な感じです。荒れるのは夏になってからですかね。

しかし東は東総工、東海大望洋、安房、成東、我孫子、木更津総合ですか(あと八千代松陰と千葉国際、多古と横芝敬愛の勝者)…リアルでワクワクするカードが目白押しですね。個人的には安房と成東の一戦は大注目です。拓大紅陵相手にエース・宇井を温存してくるあたり、ひょっとしたらセンバツ出場校の安房相手に大金星を挙げる可能性もあり得ます。それくらいいいチームですよ、今年の成東は。
あと今日大谷津で観戦した東総工は何の問題もありません。現段階で東の優勝候補筆頭は間違いないでしょう。そう確信できる試合内容でしたし。

ということで、今日現在の今夏ノーシード爆弾は中央学院、成田、銚子商、拓大紅陵(何でも夏のノーシードは平成元年以来とか)、佐原、千葉商、市立松戸、二松沼南、市川南、千葉明徳、沼南、千葉商大付、千葉日大一、県立船橋、流経大柏、検見川、習志野、専大松戸、学館浦安、市立銚子、千葉敬愛、志学館…

何かもう夏が待てないんですけど。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。